お知らせ

計画停電と食品の保存について

すでにご存じかと思いますが、関西電力エリアにおいて電力需給状況によって
計画停電が実施される可能性があります。


期間:7月2日(月)~9月7日(金)(土日祝および8月13日~8月15日を除く)
スケジュール、グループ分けについては関西電力のウェブサイトおよび
最新の報道でご確認頂きますようお願いします。


計画停電が実施される場合は2時間程度送電が停止されます。
停電によって冷蔵・冷凍設備が停止することにより、
食品等の温度管理が適正に実施できなくなることが懸念されます。
つきましては、下記のポイントにご留意いただき、
食品等の適正な温度管理に努めて頂きますようお願いいたします。


□停電する前に
冷蔵・冷凍庫内の保管状況を確認する。
食肉のドリップが他の食材を汚染するケースなどがあり、
食肉は最下段に置いたり、食材を種類ごとに分けるなど置き方に注意が必要です。


庫内では専用のバットなどに移して蓋をして保管して頂きますようお願いします。
ラップに包んだだけでは停電でとけたドリップが漏れ出る危険性があります。
保冷剤や氷、ドライアイス等、庫内温度を保つものを準備する。
ドライアイスは需要が高まって調達が間に合わない場合もありますので、
事前に調達先をご確認ください。


□停電中には
庫内温度に影響を与えないよう冷蔵・冷凍庫の扉の開閉は極力控えてください。
停電中は調理作業を控えて頂きますようお願いします。


□停電が終了したら
必要な温度が確保できていたか、庫内温度、食品の状態を確認してください。
一度とけた冷凍食品等は再凍結しないようにしてください。
停電に伴い水道管内の水圧や水の流れの変化などで、
赤水が出る可能性があります。調理に使用される水の状況をご確認ください。

※当サイトの記事、写真、イラストの無断転載を禁じております。

このページの上部へ

お問い合わせ先

フリーダイヤル:0120-64-7575

【受付時間】9:00~18:00

お問い合わせフォーム