2018.11.17

グアム研修その1

こんにちは、株式会社昭和リーブス エステック衛生検査所の高橋です。
先日、研修でグアムに行ってまいりました。

関西国際空港より、飛行機で約3時間半。
今回の研修は、日本各地の同業他社との合同で、
成田空港や福岡空港からグアム入りする方もいました。
飛行機.JPG
到着して、空港からホテルに向かう途中、道端でやたらと目についた看板。
何かと思ってよく見ると、選挙の看板でした。
到着したのは11月7日(水曜日)で、前日にアメリカ合衆国の中間選挙が
行われていたためでした。車と比べるとよくわかりますが、とにかく大きいです。
日本であればサイズは細かく決まっていますが、こちらはとにかく目立つこと
重視のようで、大きいものがほとんどでした。
地元議会.JPG
中間選挙とは、アメリカ合衆国議会の上院議員のうちの3分の1、
下院議員全員が改選となる選挙で、大統領選挙の中間の年に行われることから、
「中間選挙」と呼ばれます。

日本で言うところの、衆参同日選挙のようなものですが、
州知事選挙や州議会選挙も同時に行われることが多く、
グアムでも知事や地元議会の選挙が同時に行われたとのことです。
知事.JPG
こちらは知事選の看板。知事候補と副知事候補がセットで写っています。

日本では、選挙といえば当たり前のように日曜日に行われていますが、
アメリカでは今回のように火曜日に行われます。
これは、アメリカでは大統領や連邦議会の選挙は、
「11月の第1月曜日のあとの火曜日」と150年以上前の法律で決められているからです。

なぜ火曜日かというと、法律ができた当時、国民の多くは農業に従事する
キリスト教徒で、教会に行く日曜日には投票に行くことはできなかったからです。
また当時、最も速い交通手段は馬車で、投票所に行くのも1日がかりで、
途中で宿泊しなければならない人もいたので、投票日が火曜日となったとのことです。
11月となったのは、春と秋の農繁期を避けたとのことです。

グアムと言えば南国の風景が目に浮かびますが、
タイミング良く普段とは違う様子を見ることができました。

グアム研修編、続きます・・・

2018.09.28

キイロシリアゲアリの女王

こんにちは昭和リーブス福知山店研究室の木曽です。

先日、定期の昆虫モニタリング調査でとある工場へお邪魔した際にキイロシリアゲアリの女王を見かけました。
コンクリートの隙間に茶色の粒が動いているので、遠目にもよく分かります。
DSCN6980.JPG
翅が残っているものもいたので、結婚飛行を終えたばかりの集団と思われます。
DSCN6982.JPG
このキイロシリアゲアリの女王ですが、色が一般的に目にする黒いアリと違い、黄色褐色であるため、昨年はヒアリと間違われて沢山駆除されたと聞きました。
ヒアリは体長が2~6mm程度、キイロシリアゲアリの女王は7mm前後なので大きさで迷うことがあるかもしれませんが、ヒアリの体は赤茶色です。また腹部の色の違いで見分けることもできます。ヒアリは腹部の色が黒いですが、キイロシリアゲアリは全体の色と同じような色をしています。
キイロシリアゲアリは人を刺したり、家屋に被害を与える有害なアリではありませんが、結婚飛行後の女王アリが集団になる習性があり、建物の周囲に集まるため、不快害虫となります。
しばらくすると土に潜るため、目にすることはなくなりますが、虫についてご不明なことや不安なことがありましたら、お気軽に弊社へお問合せください。

2018.08.31

キイロシリアゲアリ来襲!

こんにちは。昭和リーブス福知山店研究室の木曽です。

昨晩、我が家のトイレにキイロシリアゲアリの羽アリが大量に侵入してきました。
初めは首筋に虫が歩いているのを感じ、手で掴むと羽アリでした。
DSC_1093.jpg
キイロシリアゲアリの雄アリであることを確認し、天井を見上げた時は既に手遅れでした。
天井や電球の周りに100匹程はいるでしょうか。電球はLEDなので、虫を誘引する紫外線は発していないはずなのに、沢山群がっています。DSC_1085.jpg
DSC_1087.jpg
職業柄、普段から沢山の虫を見ていますが、狭いトイレの中に沢山の虫が飛び回っている様子はやはり不快に感じました。
すぐに窓を閉め、殺虫剤を使おうかと思いましたが、結局死骸を清掃するのは同じだし、すぐ後に子供たちが入るかもしれないので、殺虫剤を使わずに掃除機で地道に吸い取りました。
今日で8月も終わりますが、黒アリの種類によっては夏以降も羽アリが飛び出して建物内へ侵入します。
気温が下がると窓を開放される機会が増えると思いますが、窓からの虫の侵入を防止するために、網戸の目を細かくしたり、夜間は照明の灯りが漏れないように必ずカーテンを閉めていただきますようお願いします。
シロアリの羽アリとクロアリの羽アリの見分け方については、下記の通りです。
羽アリ.pdf
沢山の虫が活動している時期ですので、虫でお困りのことが多々あると思います。
そんな時は、お気軽に弊社にご相談頂きますようお願いします。

2018.02.13

走りで地域に貢献

こんにちは昭和リーブス福知山店研究室の木曽です。

2月11日(日)に福知山市にて京都府民総合体育大会市町村対抗駅伝競走が開催され、私も選手の1人として参加してきました。
DSC_0781.jpg
福知山市では12月から代表候補の練習が始まり、1月、2月のタイムトライアルを経て代表メンバーが決まります。
私も市代表メンバーに入りたかったのですが、タイムトライアルの結果が悪く、今年はチャレンジチームの代表としてアンカーを走らせてもらいました。
結果はチャレンジの部で3位と監督が目標とされていた8位以内入賞を果たすことができて、大変良かったです。そして、私自身もタイムトライアルの時よりも30秒ほど早くゴールすることができたので、練習の成果を発揮することができたかと思っています。
DSC_0785.jpg

市民の代表として選手に選ばれたからには、1秒でも速く走り入賞に貢献できるようにならなければいけないと思いつつも、社会人であり家庭を持つ者でありますので、仕事を終えてからであったり、休日でも家族の手前限られた時間しか練習することができませんでしたが、自分なりに工夫して練習した成果が得られていますので、これからもさらに精進し、来年は市代表チームの選手になりたいです。
最後になりますが、沿道で応援していただいた地元福知山市の皆さま本当にありがとうございました。名前を呼ばれなくても、「福知山頑張れ」と言われると不思議と全身に力が入りました。
FB_IMG_1518351699394.jpg
写真後方の黒いユニフォームが私です。

2017.12.06

カニの季節

こんにちは、昭和リーブス福知山店研究室の高橋です。

まだ12月の上旬ですが、寒気が強まったこともあり雪が降りました。
平野部はそれほどでもありませんでしたが、峠は少し積もっていました。
雪.JPG

カニのシーズンでもありますので、日本海側の観光地には多くの観光客が訪れます。
先日、そのカニにまつわる虫が捕獲されました。
カニムシ.JPG

これは、カニムシという節足動物の一種です。
サソリにかなり似ていますが、尻尾は無く、毒もありません。
分類的にはクモに近い仲間です。
こんな虫が日本にいたのかと思われるかもしれませんが、
割りと普通に生息しており、公園の木の下などにもいます。

普段は、海辺や石の下や森林などで暮らしているので、
屋内に置かれた捕獲用トラップに捕まるのはかなり珍しいです。
食性は肉食で、トビムシなどをハサミで捕まえて食べているそうです。
トビムシは、屋内でもよく発生するため、それをエサとしていたのかもしれません。

2017.10.24

食品衛生講習会に参加

こんにちは昭和リーブス福知山店研究室の木曽です。
先週の金曜日に日本食品衛生協会主催の講演会へ出席してきました。

厚生労働省では、食品の安全性の更なる向上を図るため、HACCPによる食品の衛生管理の制度化や営業許可制度等の見直しを含めた、食品衛生法の改正案提出に向けて現在制度の詳細について検討が進められています。
しかし、大規模な食品事業者を除いてはHACCPの普及が進おらず、HACCPを導入していない事業者の方が多いのが日本の現状です。
講演会では、HACCPによる衛生管理を制度として定着させ、実現可能な方法で取組を進めていくことが重要であると言われていました。
そのために、業界団体などが個別の食品・業態ごとに手引書を作成すること、HACCPの正確な知識の普及、導入の支援などが課題ということで、手引書の作成が待たれるところです。
今回の講演会で最もためになったことは、既に小規模な一般飲食店事業者向け手引書が作成されているという事です。弊社のお客様の多くに該当する手引書なので、まずは内容をよく見て問い合わせがあった際には的確に答えられるようにします。
制度化に向けての時期は明確にされていませんが、お客様のお力になれるように今後も情報収集を続けていきますので、お気軽にお問い合わせください。

ブログ用:看板.jpg

2017.07.28

太古のハエ?

こんにちは昭和リーブス福知山店研究室の木曽です。

夏本番で毎日暑い日が続いていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

先日、よく行くアクセサリーショップにて珍しいペンダントを見せて貰いました。
DSC_1434.JPG
コハクのペンダントですが、ルーペを使ってよく見てみると中に虫が入っています。
DSC_1433.JPG
コハクは樹液などの天然樹脂の化石だそうで、コハクの中の虫は化石になる前のおよそ数百万年から数千万年の虫という事になります。
ハエの一種だと思いますが、仕事帰りでルーペを持っていたことで幸運にも大昔の虫を見ることができました。
しかし、やはり顕微鏡で見てみないと確実には分かりません。
虫を見ると、すぐにそれが何なのか特定しようとするのは職業病なのかもしれませんね。
夏場は多数の虫が活動する時期であり、急に虫の同定依頼が増えています。迅速に対応させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

2017.05.12

アリ?

こんにちは、昭和リーブス福知山店研究室の吉田です。

暖かくなり、庭でアリをたくさん見かけるようになりました。
以前から庭に住み着いているアリの巣もコロニーが大きくなり過ぎたのか、
1つだった出入口が2つに増えていました。

朝、会社に行こうと家を出ると外壁をアリが歩いていました。

IMG_3226.JPGのサムネール画像

朝早くからよく働くな~と感心していると何か様子が変です。
よく見ると、アリではなく、アリにそっくりなアリグモではありませんか。

姿も似ているのですが、もっとすごいのが前脚の2本をせっせと動かし、
アリの触角のように動かしていることです。
クモは脚が8本なので、前脚2本を触角に似せることでアリと同じ6本脚に見え、
さらに完成度が高くなっています。

P5120055.JPG

アリに擬態(似せること)することで、そっとアリに近づき捕食するのか
と思いきや、意外とアリは好まないようで、どうやらアリに擬態することで
外敵から襲われないようにカムフラージュしているという説(ベイツ型擬態)
が有力らしいです。

虎の威を借る狐ではなく、アリの威を借るクモのようです。

2017.04.28

冬越ししたバッタ

こんにちは、株式会社昭和リーブス福知山店の高橋です。

4月のこの時期としては珍しい成虫のバッタを捕獲しました。
これはバッタ目キリギリス科のクビキリギスで、キリギリスの一種です。

クビキリギス1.JPGバッタ目キリギリス科 クビキリギス 体長55-65mm

クビキリギス2.JPG雑食性で、赤く鋭い牙が特徴的。

日本に分布するバッタのほとんどは、卵で越冬しますが、
クビキリギスはライフサイクルが丁度半年分逆転していて、
7月頃に孵化した幼虫が9月から10月頃に成虫になり、そのまま越冬します。
今年は大雪が何回かありましたが、このクビキリギスはそれを乗り越えたということです。
4月頃には、草むらで鳴く虫はほとんどいませんので、
「ジー」と鳴く声が聞こえたら、それはクビキリギスかもしれません。

2017.04.27

香住・ジオパークマラソンを走る!

こんにちは昭和リーブス福知山店研究室の木曽です。

先週の土曜日に第4回香住・ジオパークフルマラソンに出場してきました。
この大会は第2回、第3回と出場を続けている大変楽しみな大会です。
DSC_0033.jpg
毎年4月の下旬は気温が高く、大変厳しい条件で走ることになるのですが、今年はスタート時の気温が15℃とかなりの好条件でしたので、もしかしたら好タイムが出るなと密かに期待して挑みました。
その結果、2時間54分29秒で、初めてフルマラソンで3時間を切ることが出来ました。
余談になりますが、俗にサブ3と呼ばれるフルマラソンを3時間以内で走るランナーは全マラソンランナーのうち3%という統計があり、ランニングを始めた4年前に目標としていましたので、ようやくその仲間に入ることが出来たので嬉しく思っています。
もしかして入賞したかと思いましたが、自分が好タイムという事は周りも同様であり、残念ながら年代別9位とまたもや入賞を逃しました。
DSC_0040.jpg

継続は力なりという言葉があるように、何事も頑張って続けていればいずれ大きな結果を残すことが出来るという事がよく分かります。
趣味だけでなく、仕事も同様にこれから大きな結果を残せるように勤め続けていきます。

最新エントリー

2018 November

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

昭和リーブス

お問い合わせ先

フリーダイヤル:0120-64-7575

【受付時間】9:00~18:00

お問い合わせフォーム