2021.12.03

晩秋の福知山を巡る

こんにちは、昭和リーブス福知山店研究室の木曽です。

先日、福知山市内にある紅葉の名所を巡ってきたのでご紹介します。
まずは長安寺です。小学校区内なので、「紅葉の名所」という看板はよく目にしていましたが、初めてお寺の中まで入りました。
紅葉の他にも大きなイチョウの木があり、朱色と黄色が混じって綺麗でした。
長安寺.JPG
続いて福知山市のシンボル福知山城です。
福知山城.JPG
桜の名所なので春は何度も登ったことがありましたが、秋に訪れたのは初めてでした。
改めて見てみると、桜の木と同じくらいモミジの木もあり、花見の際に気にしていないことを実感しました。
新型コロナウイルスの感染防止を考えると、まだまだ遠方まで観光する事が出来ませんが、家の近くでも十分観光した気になりました。
福知山にもまだまだ知らない名所が沢山あると思うので、これからも地元を散策したいと思います。

福知山城2.JPG
DSC_1679.JPG

2021.10.07

キュウリ事後報告

こんにちは、昭和リーブス福知山店研究室の木曽です。

発芽したキュウリのその後を報告しようとしつつ、気付けば4か月も過ぎていました。
成功したので、今更ですが報告しておきます。
まず、キュウリの芽ですが、順調に成長して自宅に植えるには多過ぎました。
DSC_0929.JPG
自宅には12本植えて、残りは会社へ持って行き、欲しい方が持って帰ってくださいました。
DSC_0930.JPG
1か月半ほど経つと収穫できるようになり、お陰様で今年の夏は毎日キュウリを食べていた気がします。娘達も毎年大喜びしてくれるので、今後も家庭菜園を続けたいと思います。
DSC_1228.JPG

2021.05.27

もうホタルの時期...今年は早い!

こんにちは、昭和リーブス福知山店研究室の木曽です。

5月も終盤になり、白アリの羽アリの確認依頼や訪問先から持ち帰られた虫の調査依頼など、様々な虫の問い合わせが増えています。
今年は桜の開花が早かったことや4月に白アリの羽アリが出現した様に、草花や虫の生育が例年と比べて早いと感じます。
昨夜も、もしかしたらと近所の小川へ行ってみると予想通りホタルが飛んでいました。
しかも、予想以上に沢山!!
娘達も今年初のホタルに大喜びでした。
DSC_0846.JPG
DSC_0847.JPG
短時間ですが動画だとこんな感じです。緊急事態宣言下でどこにも出かけられませんが、徒歩数分でこの風景が見られることは大変ありがたいですし、しばらくの間は毎晩ホタル観賞をせがまれそうです。

MOV_0856~2.mp4

2021.05.24

キュウリのリベンジ

こんにちは、昭和リーブス福知山店技術研究室の木曽です。

先日植えたキュウリの種の続きです。
発芽したことを喜んでいたのも束の間で、あっという間に双葉が消えてしまいました。
DSC_0736.JPG
DSC_0747.JPG
どうやらナメクジに食べられてしまったようです。
調べてみると地面に近い場所に置いていたのと、朝夕水やりしていたので常に湿っていたことが悪かったみたいです。
しかし、種はまだまだあるので先週もう一度種を植えました。

今度はナメクジが来ないように2階のベランダで様子を見ていたところ、一週間でこの通りです。
DSC_0843.JPG
1か月前は発芽までに2週間ほどかかりましたが、今回は1週間も経っていないので、やはり温度は重要なのだと実感します。
庭へ植え直す時は、しっかりとナメクジ対策を考えて挑みます!
仕事柄、本格的に駆除しても良いのですが家に対して害が無いだけに悩むところです。
とにかく、後日良い報告が出来るようにしっかりと育てていきます。

2021.04.13

命をつなぐ

こんにちは、昭和リーブス福知山店技術研究室の木曽です。

先日、昨年の夏に採っておいたキュウリの種を植えました。
これまで庭に植える野菜は苗からでしたが、野菜作り名人の上司の勧めもあり、収穫し忘れて大きくなったキュウリからのチャレンジです。
DSC_0331.JPG話は昨年の8月末に戻り、「来年は、もっと沢山キュウリ食べられるかも?」と言うと、娘たちが率先して種取してくれました。
DSC_0334.JPG
DSC_0335.JPG乾燥させて冬の間保管し、
DSC_0336.JPG
ようやく種まきすることが出来ました。まずは芽が出ることを楽しみに、毎日様子を見ようと思います。
DSC_0682.JPG

2021.03.16

顕微鏡デジタルカメラを更新

こんにちは、昭和リーブス福知山店技術研究室の木曽です。

先日、顕微鏡デジタルカメラを更新していただきました。
以前よりも鮮明な写真を撮影することができ、虫同定報告書や異物同定報告書に添付することが出来るようになりました。
また、大きなモニターで作業を行える様になったため、画像を見ながら複数人で同時に確認することもできるので、作業性が良いです。
DSCN5981.JPG
下の写真はネズミの毛を拡大したものです。白と黒の髄質細胞がよく分かりますね。
DSCN5982.JPG

また、撮影した写真で大きさをほぼ正確に計測することができ、画像に残すことが出来るので以前よりも大きさが分かり易いと思われます。
L3110002.JPG
素早く対応させていただきますので、虫の同定、異物の同定は昭和リーブスへご依頼いただきますようお願い致します。


2020.01.07

2020年もよろしくお願いします!

遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。
昭和リーブス福知山店研究室の木曽です。

長かった休暇も終わり、昨日から業務が始まっています。
休暇中は天気が良く気温が高い日が多かったため、気持ち良く過ごすことが出来ました。
その中でも、元日の朝は曇りではありましたが、烏ヶ岳から素晴らしい初日の出を見ることが出来ました。
2020年も頑張ろうというパワーを貰いましたので、皆様へお届けします。

DSC_1813.jpg
DSC_1817.jpg
DSC_1823.jpg

2019.06.25

ミニトマトの成長は凄まじい

こんにちは昭和リーブス福知山店研究室の木曽です。

今年は数年振りに家庭菜園をやってみようと思い、ゴールデンウィークに我が家で1番人気がある野菜「ミニトマト」を植えたところ、約二か月で早くも収穫間近となりました。
DSC_1458.jpgのサムネール画像
定植時は20cm程でしたが、この2カ月で140cm程に成長し、文字通り鈴生りです。
異なる品種を植えたため、葉や実の様子が少し違う気がします。
娘たちは、水やりの度に嬉しそうに実の数や少し色が赤くなってきた様子を数えてくれるので、良い経験になりそうです。
DSC_1596.jpg
DSC_1597.jpg
収穫が待ち遠しい今日この頃です。
ミニトマトの世話をしていると、カマキリの幼虫が沢山隠れていることに気づきました。
カマキリは幼虫と成虫とで体の変化が少ない不完全変態の昆虫です。他にも、バッタやセミなどが不完全変態の昆虫です。
茎や葉と同色であり、エサとなる虫を待ち伏せしやすいのかもしれません。
何を食べるのか興味がありましたが、この日は見ることが出来ませんでした。
虫たちの活動が活発になっており、お客様から虫に関するお問い合わせが増えてきました。
小さな疑問であっても、お気軽にご相談ください。
DSC_1601.jpg

2018.09.28

キイロシリアゲアリの女王

こんにちは昭和リーブス福知山店研究室の木曽です。

先日、定期の昆虫モニタリング調査でとある工場へお邪魔した際にキイロシリアゲアリの女王を見かけました。
コンクリートの隙間に茶色の粒が動いているので、遠目にもよく分かります。
DSCN6980.JPG
翅が残っているものもいたので、結婚飛行を終えたばかりの集団と思われます。
DSCN6982.JPG
このキイロシリアゲアリの女王ですが、色が一般的に目にする黒いアリと違い、黄色褐色であるため、昨年はヒアリと間違われて沢山駆除されたと聞きました。
ヒアリは体長が2~6mm程度、キイロシリアゲアリの女王は7mm前後なので大きさで迷うことがあるかもしれませんが、ヒアリの体は赤茶色です。また腹部の色の違いで見分けることもできます。ヒアリは腹部の色が黒いですが、キイロシリアゲアリは全体の色と同じような色をしています。
キイロシリアゲアリは人を刺したり、家屋に被害を与える有害なアリではありませんが、結婚飛行後の女王アリが集団になる習性があり、建物の周囲に集まるため、不快害虫となります。
しばらくすると土に潜るため、目にすることはなくなりますが、虫についてご不明なことや不安なことがありましたら、お気軽に弊社へお問合せください。

2018.08.31

キイロシリアゲアリ来襲!

こんにちは。昭和リーブス福知山店研究室の木曽です。

昨晩、我が家のトイレにキイロシリアゲアリの羽アリが大量に侵入してきました。
初めは首筋に虫が歩いているのを感じ、手で掴むと羽アリでした。
DSC_1093.jpg
キイロシリアゲアリの雄アリであることを確認し、天井を見上げた時は既に手遅れでした。
天井や電球の周りに100匹程はいるでしょうか。電球はLEDなので、虫を誘引する紫外線は発していないはずなのに、沢山群がっています。DSC_1085.jpg
DSC_1087.jpg
職業柄、普段から沢山の虫を見ていますが、狭いトイレの中に沢山の虫が飛び回っている様子はやはり不快に感じました。
すぐに窓を閉め、殺虫剤を使おうかと思いましたが、結局死骸を清掃するのは同じだし、すぐ後に子供たちが入るかもしれないので、殺虫剤を使わずに掃除機で地道に吸い取りました。
今日で8月も終わりますが、黒アリの種類によっては夏以降も羽アリが飛び出して建物内へ侵入します。
気温が下がると窓を開放される機会が増えると思いますが、窓からの虫の侵入を防止するために、網戸の目を細かくしたり、夜間は照明の灯りが漏れないように必ずカーテンを閉めていただきますようお願いします。
シロアリの羽アリとクロアリの羽アリの見分け方については、下記の通りです。
羽アリ.pdf
沢山の虫が活動している時期ですので、虫でお困りのことが多々あると思います。
そんな時は、お気軽に弊社にご相談頂きますようお願いします。

最新エントリー

2021 December

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

昭和リーブス

お問い合わせ先

フリーダイヤル:0120-64-7575

【受付時間】9:00~18:00

お問い合わせフォーム