2022.02.01

やはり身近なものが

こんにちは、昭和リーブス福知山店研究室の木曽です。

今回は異物同定検査の1例をご紹介します。
日々様々な異物の同定依頼がありますが、その中でも特に多いのが毛髪です。
その中でも頭髪と思われる毛が大半で、1日に50本抜け落ちるとも80本抜け落ちるとも言われているので、異物として混入しやすいのだなと納得します。

M2010020.JPG

上の写真のように毛根があると、毛だと分かります。しかし、この段階では人毛と特定することが出来ません。毛の長さ、太さ、色などの特徴を観察します。
次に、スンプ法にて毛の表面の毛小皮紋理(キューティクル)を観察します。シャンプーのCMなどで見られる様な画像から、人毛なのか獣毛なのかを確認します。05117.jpg
毛根があると、加熱されたかどうかを確認するカタラーゼ試験を行うことも可能です。
毛根が無い場合や毛小皮紋理の観察でも分からない際は、FT‐IRを使用して物質を特定した後、毛の特徴を観察することもあります。外観では分からない異物を同定する際に本当に頼りにしています。
毛 異物サンプル.png
グラフは異物の主成分がプロテイン(タンパク質)だということが分かり、黒い繊維が毛だと判断することが出来た時の例です。
素早く、正確にをモットーに検査を行っておりますので、異物検査のご依頼は昭和リーブスにお任せください。

最新エントリー

2022 April

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

昭和リーブス

お問い合わせ先

フリーダイヤル:0120-64-7575

【受付時間】9:00~18:00

お問い合わせフォーム