2014.03.24

春を少しづつ

 ようやっと春らしくなってきました。春を待ち焦がれていた昭和リーブスの安橋でございます。
春の訪れの遅い実家でようやくフキノトウが芽を出していました。
DSCF1844.JPG 
2㎝ほどのかわいらしいフキノトウ。夕食の天ぷらになったのは言うまでもありません。苦味も少なく乙な味でした。

 昨年300個もの実を付けた柿の木の所へも足を延ばしました。
DSCF1845.JPG
少しばかり剪定はしたものの、この程度では今年は少量の実しかつけてくれないかも知れません。
 鹿に茎を摘まれた玉葱君も何とか新たな芽をだし、成長しようとしています。

もうそろそろ新年度、野菜たちに負けず新たな気持ちと目標を持って突き進んで参ります。
 一層のお引き立てを賜りますよう伏してお願い申し上げます。

2014.01.03

今年もご愛顧願います

 明けましておめでとうございます。昭和リーブスの安橋でございます。本年も何卒ご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

 年末に百田尚樹著「永遠の0(ゼロ)」を読み終えました。そして元旦に映画館へ向かいました。 どちらも感動し涙を流したものの、本を読むときに地図を広げながら読んだので、本の方が外地の遠さを、果てしなさを感じました。
ラバウルはニューブリテン島にあったり、ポートモレスビーやラエはニューギニア島、ガダルカナル島は想像を絶する遠さです。
良くも日本兵が乗り込めたものです。

 私の父も憲兵として外地に出向きました。帰ってきてから結婚し私達を儲けたもので、主人公宮部氏とは異なります。
いま生きている自分は多くの犠牲の上に成り立っているのだろうと感じます。

 ・・・で、ちょっと思い直して、生かされている私なのだから文句ばっかり言わず、少しは役に立つこと行なったり親切にありがたみを感じようと、真面目に思い直しました。
ひょっとして妻とは一万日も過ごせないかも知れない。ならば今やれることをやろうとは思っています。

 映画の後は、近くの神社へ初詣。「今年もいろんなことがあるはずですが、全てを受けとめて前へ進みます」と、決意しました。
例年通り、お願い事は一切しませんでした。

昨日と明日は、娘の年始の準備につきあったり、今日は挨拶回りなどを行なって動いています。その中で大切なことピックアップして心持を業務に活かして参ります。

2014 March

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

昭和リーブス

お問い合わせ先

フリーダイヤル:0120-64-7575

【受付時間】9:00~18:00

お問い合わせフォーム