2021.04.13

the end(エンドウ)にはしない

 こんにちは。昭和リーブスの安橋でございます。
前に書かせて頂いた野生農園の件で、ご近所の方が「害獣から守るために電気柵をした方が良い」とお勧め頂いたのですが、
私曰く「肥料も施していないのですから、出来ても出来なくても良いのです。害獣に食べられても仕方ないと思っています」と返答したが、親切心に頭を下げずにはいられませんでした。

 さてプランターで育てているエンドウ君、蔓はよくのびているのだが、一向に花が咲かなくて焦っていたら、咲いたのはご近所の白い花と違って赤い(紫っぽい)花。RIMG0194.JPG
拡大してみるとRIMG0193.JPG
写真では萎れていそうですが元気です。
 調べてみると赤い花もあるらしい。種を購入する時、ご近所とは異なる品種を買ったようです。
エンドウなんてどれもこれも同じと、浅はかな考えが間違いの元でした。こうなれば実まで赤いのか徹底的に調べて参ります。
これで終わりとは出来ません。

2021.04.06

あえて言うなら野生農園

 おはようございます。昭和リーブスの安橋でございます。
昨日今日とちょっと肌寒い天候です。ちょっと前の暖かい時に、ジャガイモのの植え付けをしました。
昨年ヌートリアの被害にあった(私の予想ですが)が実家の畑にもチャレンジです。
ヌートリアに被害にあってから、作る意欲をなくして放置していた畑です。RIMG0190.JPG
 少しばかり草を刈ってみました。黒いシート(マルチ)がぐちゃぐちゃになっているのもヌートリアの仕業です。RIMG0191.JPG
そこに昨年被害にあった男爵でない品種のキタアカリを植えてみました。又被害に遭うことも想定して肥料などは一切なし。
自然の中でどれだけ成長できるか試してみます。
 草を刈ったことが、野生の生き物に在りか(場所)を教えないか心配でもありますが、注視すると共に少しは手を加えて、ありがたみも実感して参ります。

2021.04.01

小さな蔵の展示会へのお伺い

 随分とご無沙汰致しております。昭和リーブスの安橋でございます。コロナウィルスにも負けず何とかしのいでおります。毎朝と寝る前の体温チェック、血圧測定を日課としております。
申し訳ないと思うのですが、お店にも出向かなくなりました。

 今日は長年お世話になっています京都府与謝野町の牛田宏様の個展にお伺いしてきました。70歳からのチャレンジにしては「才能ありすぎ」と思ってしまいます。色鉛筆の細やかなタッチに脱帽です。色を画用紙に乗せるのは水彩画のように簡単には乗らないのではないかと思います(自己解釈ですが)ので、それだけでも大変さがわかります。小さな蔵の展示会.pdf
お時間がございましたら是非とも足をお運びくださいませ(定休日;水曜日)新たな感動が生まれます。

2021 April

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

昭和リーブス

お問い合わせ先

フリーダイヤル:0120-64-7575

【受付時間】9:00~18:00

お問い合わせフォーム