2013.07.29

昔のままが良い時もある

 梅雨を思わせる蒸し暑い日です。毎度ありがとうございます。昭和リーブスの安橋でございます。
 一昨日から久しぶりに、空家にしている実家に帰りました。
それを出迎えてくれたのは、
DSCF1705.JPG
シマヘビ君でした。(種類は、弊社研究室で教えてもらいました)
写真右下にずっと伸びています。俗にいう屋敷ヘビだと思います。
彼がいることで、ある意味変な動物を寄り付かせない効果もあると思っています。

この彼、5月中旬畑の畦にどくろを巻いていました。
尻尾に傷があり、くちばしでくわえられた後のようでもありました。
トンビ何かにさらわれそうになり、危うく難を逃れたという感じでした。
ほどなくして、昔からある石垣に宿をとるようにゆっくりと入っていったのを目撃しています。

そのあとも、エンドウを植えていた畑に、抜け殻を置くなどして定住してくれているのだろうと思っていました。

今回の目撃は勇敢な姿でした。
この彼を助けたのは、他でもない棲家になった石垣の隙間。

今の石垣はコンクリートを隙間に詰めて、動物の住める場所ではなくなってしまったように思います。
かつ、水はけも良くなく、返って水溜めになってしまい、破壊の原因にもなり得ると思います。

昔ながらのやり方で、城や神社の石垣も何百年も持っているから、手はかかるけれど、動物の棲家も作ることで共存出来れば素晴らしいことだと思います。

2013.07.27

休息を取りながら

  処暑の候、ご健勝でございましょうか?
いつもお世話になっています昭和リーブスの安橋でございます。
 
身近な方にも熱中症になった人がでました。やはり休息を入れながら仕事しないといけません。
農作業など、切をつけなければいけないものは要注意です。

 最近の私は、酔った力を借りて夜の9時には寝て、朝4時半には目が覚めるという非常に健康的というか、まるでお子ちゃまみたいな生活を送っています。
寝つきも目覚めも良く、気分はすっきりです。

ただ一つ、下記の三安夜話に書かせていただいていることのみがすっきりしないことです。

起こってしまわないと解らないことだらけですが、時には後戻りしながら、ゆっくりと前に進んでいきます。

平成25年7月26日 三安夜話 第109回.doc

2013 October

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

昭和リーブス

お問い合わせ先

フリーダイヤル:0120-64-7575

【受付時間】9:00~18:00

お問い合わせフォーム