2012.10.31

秋の拾い物

 いつも気ままと言えなくなってしまった、昭和リーブスの安橋でございます。

秋冷の候にふさわしい季節、一週間ほど前に府道を通り過ぎる時、栗のいがが落下してきました。
車を止めて上をよく見るとたわわに実った野生栗。(野生栗にしては大きい)

DSCF1568.JPG

DSCF1567.JPG 


 風の強い日だったので、しばらく立っていると次々と足元に落ちてきて、それを当然のごとく頂戴し、食させ頂いた。
ほのかな甘みで、ホクホク感に浸らせていただいた。元手がかかっていないために余計においしかったのかも。

しばし野生猿の心境を味わったのかも知れない。
自分だけでは後ろめたかったので、お裾分けをさせて頂いたりもした(同罪にしようとは思ってませんよ)

これからは冬の到来、
猫の額ほどの畑の白菜や大根も、栗の敵とばかりに狙われるに違いない。

2012.10.13

検査三昧

 本当に本当にご無沙汰の、昭和リーブス安橋でございます。
会社での年一回の健康診断とオプションの検査を受けたのが7月の3日でした。
検診結果が一ヶ月ほどして届き、その内容は精密検査を受けるようにとのお勧めでした。

放置するのも問題なのかも知れないと思い、今回はあえて追求してみようということで、肝臓、心臓の検査をお勧め通り数回づつ受けさせていただきました。
最終10月11日の心臓カテーテル検査ですべて終了。

 で、その結果は心臓の周りの冠動脈もとてもきれい。(造影剤を入れた写真を見せてもらいました)
肝臓は血液の小さな塊があるようですが良性のもののこと。
一安心はしたものの、血圧が高いとのことで生活習慣の改善のご指導をしっかり受けました。

カテーテル検査は名前は良く聞きけれど、どんなことされるのか知らず2泊3日の検査を受けました。
人にもよるのでしょうが、検査は30分ほど。不安感もあったものの検査の途中で担当医の「順調に進んでますよ」との声掛けがあって落ち着きを取り戻しました。

先生でなくとも声掛けは大事なことなんだと再認識。

自らの体の細部を見るというのは貴重な経験でした。検査したことの意義は十分ありました。

 恥ずかしながら、次々勧められる精密検査のことでブログどころではなかったというのが本音です。
今後は元のペースに戻していきます。
                       感謝

2013 February

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

昭和リーブス

お問い合わせ先

フリーダイヤル:0120-64-7575

【受付時間】9:00~18:00

お問い合わせフォーム